本文へスキップ

アルコール依存症からの回復治療術

アルコール依存症からの回復治療術


アルコール依存からの回復治療術へようこそ!

アルコール依存症の問題は現在では国際的にも大きな社会課題として扱われています。
日本でも全国でアルコール依存症の患者が約2百万人と推定されるおり、私たちにとってもとても身近な問題となっています。
このサイトではアルコール依存からの回復するための治療方法を紹介しておりますのでご参考にしてください。
方法さえ間違わなければアルコール依存症は治療できます。

アルコール依存症とはなにか


アルコールを追い求めるという依存状態、これが慢性アルコール中毒の状態です。
現在では、慢性アルコール中毒という用語は使用されておらず「アルコール症」または「アルコール依存症」 という言葉で呼ばれています。
では依存とは何か?という問題ですが、人は誰でもある意味では「依存」なくしては生きていけません。 私達は人として誕生した瞬間から母親の手をかりて全面的に「依存」しながら養育されます。
そして次第に成長して1人前の大人となって自立するわけですが、 大人の世界でも随分「依存」があります。 いろいろな人々にお世話になりながら生活しています。
しかし、大人の世界では「相互依存」が主流となりギブ&テイクなので、子供の時のように、親というある特定の人に 全面的に「依存」しているわけではありません。
ところが、アルコール依存症の患者さんは「赤ちゃんの依存」の 状態と同じレベルになっているのです。 大人の世界の相互依存の状態を高次元のもの、赤ちゃんの依存状態を 低次元のものと考えています。
アルコールを常習的に用いていますと、誰でもアルコールに対して 慣れがおこります。
1合ですましていた人が、2合飲まないと気がすまないという風に飲酒量が次第に増えてくるもの ですが、これを
「アルコール耐性」といいます。
アルコールは耐性がおこりやすいものです。 しかし、この
「アルコール耐性」ができたということで 飲酒量が増えてくるという現象が出てきたら、アルコール依存症の入門だと考えてください。
飲酒する場合は「アルロール耐性」を起こすような飲み方を防ぐことがアルコール依存症予防にとって大切です。


アルコール依存症の治療方法


アルコール依存症の治療、それはアルコールをきっぱりとやめること、即ち、断酒が唯一の治療法です。 一般には、お酒の量を減らせばよいのではないかと、よく言われます。
例えぱ、いつも3合飲酒していた人に、1合で我慢しなさいと言いますが、このような指導は、アルコール依存症 の予防の段階の手段であり、すでにアルコール依存症になった人にとっては、その程度の減量なんてとても出来ない 相談なのです。
そのアルコール依存症の人の体質は、もう3合の体質になっているわけで、それを1合で押さえようとしても、 そのために欲求不満が生じイライラや夜間不眠がおきてしまいます。
ほとんどのアルコール依存症の人は、家族の前ではしぶしぶ1合の酒ですましているようでも、きっと 何処かで隠れて2合の酒を飲んでいるものです。
あるいは、たとえ1ヶ月2ヶ月間お酒をやめても、いつか必ず爆発飲酒をしてしまいます。
アルコール依存症の人がお酒をやめて、しばらくすると出現する症状に禁断症状があります。
最近では、離脱症状という用語をつかいますが、この離脱症状は全くお酒を断った時はもちろん、お酒を減量した 際にも出現します。 一晩中、大声で叫ぶとか、幻視などが見えたりします。
「小さい虫が大量に見える」だとか「天井から虫が一杯落ちてくる」などといって、部屋の隅で奇妙な仕草をしている等、 いろいろな症状がみられます。
それほどなくても、時間や場所の感覚を失って、入院してもう5日も経っているのに「まだ、2日目でしょう」と 平気で答える入院患者さんもいるようです。
これは離脱症状をきたしている患者さんが意識のレベルが低下しているわけで”せん妄状態”といって意識混濁の 状態に陥っている状態です。
入院治療ではまず最初にこの離脱症状の治療からはいります。

<アルコール依存症からの回復とは何か?>
アルコール依存症から回復するということ、それは、赤ちゃんのように依存している人が、自立した大人の 心境に帰っていくことなのです。
治療過程のなかで、その人の人格(性格)に変化をおこさせるということですが、このような話を依存症の方に 話すと大低の患者さんは「性格は変わりませんよ」と言われます。
この考えは、大変な錯覚で、例えば、体質について考えてみると、生まれつき弱い体質の人でも訓練によって 鍛えていけば強い立派な体格になることは、よく知られています。
性格についても同様に親から受け継いだ気質、これは遺伝的なものですが、その気質のうえに様々な学習体験 を重ねて努力していくことによってそれなりの性格(人格)が備わります。
この過程を普通に 人格形成といっています。 例えぱ、気弱で、小心の人が、訓練によって、努力して克服してゆくことで性格が変ってゆくものです。
それは、弱い体質の人が、毎日毎日努力して身体を鍛えて次第に強い体質になるのと同じように、性格も変わるものだ と考えて下さい。

<アルコール依存症に対する内観療法>
このような基本的考えを元に行われている治療方法が
アルコール依存症の内観療法です。
この療法では、
「自己反省」ということが一番大切です。
”自分をみつめる”、”自分のいままでの過去を振り返ってみる”ということそうすることによって「自己を発見」 できるということなのです。
「自己反省」によって、いままでの自分が、いかに自己中心的であったか、我侭であったかということがよく分って きます。
アルコール依存症の方は「自由を、自由を」といいますが、サルトルという哲学者もいっているように、 「自己と社会に責任を持った自由」こそ、真の自由なのであり、アルコール依存症の方が強調する自由とは、 我侭、身勝手、自己中心的ということであり、それは丁度”赤ちゃん”であるということなのです。
また、依存者は、家族をはじめ周囲の人々から「お前は、酒さえ飲まなければ、いい奴なのに、腕の立つ男なのに」 などといわれる人が多く「おれは腕の立つ男だ。誰にも負けやしない」と言います。
しかし現実にはお酒を飲んでいるわけで「酒を飲んでいるから、お前はダメな奴だ」というのが家族をはじめ 周囲の人々の本音なのです。
その事がいつまでも分からずに依存者は、「俺は、俺は・・・」というふうに考えています。
そこに自分はいないのに、自分の虚像を、自己像として描いているのです。 ですから、家族も「酒さえ飲まなければ、よい男だ」と患者さんに言ってはいけません。
家族が、依存者にそのように言ってしまうと、いつまでも甘えてしまい、そのつもりになってアルコ―ル依存症から 回復しないのです。 家族、周囲の人々は「あなたは酒を飲んでいるから、だめな人ですよ」と、しっかり教えてあげなくてはいけません。
そこに、アルコール依存症治療のある意味での厳しさがあるのです。 そして、「こんな自分の姿があったのか」と本来の自已像がみえてきた時に、アルコール依存症の回復へのきっかけ がつかめるのです。
このように、「自分は病気なんだなあ。」、「俺もアル中なのか。」ということに、ようやく気付くのは、 大低の場合は、治療を始めて3〜4ヶ月ほど経ってからです。
アルコール依存症の場合やはり、脳が麻痺している状態が続いていますから、その回復にも時間が相当にかかるのです。 アルコール依存症の患者さんが、「ああ俺は、こんなハカげたことをしていたのか、これではいけない。」と分った 時に、はじめて、その人の人生観の中における価値観の変化、価値基準の変化が起こり、そして本当の 意味での治療意欲がでてくるし回復への期待感が出てくるのです。
過去の自分を反省したうえで、本当の意味での自己像が見えてきます。 自己の理想像がみえて来ると、もうその理想像に向って進んでゆきます。


治療は入院それとも・・・


たしかに上記の治療方法はアルコール依存症の患者にとってかなり有効なのでがこのような治療は個人の力では行えないのが現実です。
そのような場合は
病院への入院治療となるわけですが多額の費用がかかってしまいます。
治療資金に余裕のある方はそれでも良いのですが、
資金が少ない場合は アルコール依存症の回復治療を記したノウハウブックの購入するのも良いでしょう。 実際効果も報告されています。



水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラム


アルコール依存症の回復への出発点は 「アルコール依存症は病気だ」という理解をもつことです。
アルコール依存症は、飲み続けている本人の 意思に関わらず飲み続けてしまう「病気」です。
飲み続ける人やあなたが原因ではありません。 お酒を飲み続ける人のなかでおきていること 家族の向き合い方や家族が普段受けている影響 効果的に治療をすすめるタイミングや方法などを知らずまだまだ間違った病気への対応方法をされている方、 家族の病気への誤解と偏見から治療が進まない方が多くみられます。
そんな方の為に35年間蓄積させたアルコール依存症の治療方法のノウハウの詰まったDVDです。
おすすめ度 >>公式サイトへ



アルコール依存症 5日間禁酒トレーニング【鉄腕脱酒】
あなたは、無意識のうちに、お酒のせいで、命を削っている事を知っていますか?
あなたが、お酒の力を借りて、楽しめば楽しむほど、大切な家族を泣かせる結果を もたらす可能性がある事を知っていますか?
お酒をやめたくてもやめれない理由を知っていますか?
あなたは、酒であなたの大切な人生を捨てますか?
おすすめ度 >>公式サイトへ



アルコール依存症回復マニュアル - 禁酒してお酒をやめる心理エクササイズ
「まさか!あのままだとアルコール依存症になっていたかも・・・」
【お酒を減らす心のつくり方】 = [お酒と感情]の禁断の関係とは?
アルコール依存症回復マニュアル - 禁酒してお酒をやめる心理エクササイズ 現役心理カウンセラーが アルコール依存症から回復する方法 をあなたにこっそりお伝えいたします。
おすすめ度 >>公式サイトへ



最後に


 最後までご覧頂きまして有難うございました。
 アルコール依存症からの回復治療の参考に幸いです。
 訪問有難うございました。


アルコール依存症の治療方法紹介